2015年09月22日

映画「PIXEL」 異星人とのゲーム対決

pixel.jpg

映画「PIXEL」観ました。

子供向けというよりは、もう40代おっさんへのノスタルジー向け映画です。
作り手自体がそんなやさぐれ感を醸し出しています。
そして、ハリウッドのお約束、舞台設定になぜどうしては問わないというルールも健在です。
敵の正体は明かされません。

内容もゲームセンターあらしではなく、ゴーストバスターズです。
アメリカ人ってゴーストバスターズがかなり好きなようです。

ゲーマーがなぜかリアルな戦いやカーチェイスを行います。

3D上映と相性がいいので、観るならぜひ3Dで見てほしいです。

洋画「PIXEL
監督:クリス・コロンバス
出演: アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、、ミシェル・モナハン、
ピーター・ディンクレイジ、ジョシュ・ギャッド、アシュレイ・ベンソン、
ブライアン・コックス

水戸なつめの「8ビットボーイ」のエンディングが何気にいいです。

posted by ちんちく at 23:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「進撃の巨人 ATTACK OF TITAN エンド〜」

shingeki2_end.jpg

おそらく映画ファンの今年一番の禊、「進撃の巨人 」を観ました。

前作と違い、話が進みますがいかんせん尺が足りないです。
ストーリーの確信が見え始めたところで、あまりぱっとしない役をやっていた長谷川博樹がかっこよく「心臓を捧げるとはこうするんだ」。
巨人化、バトル、巨人化。

話が急展開します。話も盛り上がってきそうな感じです。
ですが、尺が足りない…。

そして、主人公たちはどちらの方向へ向かうのかというところで、「さあ、これからだ」。
うーん、方向性はどうするのと思いつつ、映画は終わります。

もっと人間を描いてほしかったな。

ミカサ:水原希子のキャスティングを見たときは、かなり期待したんだけど。

邦画「進撃の巨人 ATTACK OF TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド
監督:樋口真嗣  漫画原作:諫山創
出演:
エレン: 三浦春馬
シキシマ: 長谷川博己
ミカサ: 水原希子
アルミン: 本郷奏多
ジャン: 三浦貴大
サシャ: 桜庭ななみ
サンナギ: 松尾諭
フクシ: 渡部秀
ヒアナ: 水崎綾女
リル: 武田梨奈
ハンジ: 石原さとみ
ソウダ: ピエール瀧
クバル: 國村隼
posted by ちんちく at 20:54| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。