2015年12月06日

映画「グラス・ホッパー」

glasshopper.jpg

映画「グラスホッパー」を観ました。
原作は未読です。

日本のヒット小説メーカーの伊坂幸太郎の作品の映画化です。

正直、結構期待してました。
でも、率直な感想は、初期設定は面白そうなんだけど、それぞれの主人公、点と点が繋がらないストーリーでした。

最後のあの話もリアリティがなく、唐突に言われてもとってつけた感が否めません。
タイトルのグラスホッパー、の意味も、なぜこのタイトルなのかが伝わってきませんでした。
群衆模様の出るトノサマバッタは性格が狂暴になる、もタイトルとどう関係があるのか不明です。

邦画「グラスホッパー
監督:瀧本智行  小説原作:伊坂幸太郎
出演: 生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠、菜々緒、
村上淳、宇崎竜童、吉岡秀隆、石橋蓮司
posted by ちんちく at 23:53| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。