2011年11月06日

裏面照射CMOSによるデジカメ選び

裏面照射CMOS(SONYのIC)という技術によって、ちょっと暗い室内などに弱かったデジカメの事情が一変した。

すると、ケータイでいいやと思っていたのが、デジカメが欲しくなった。
ちょうとスマートメディア&単三乾電池タイプのAllegretto M81(東芝)がスマートメディアを認識しにくくなったので、電気屋に足を運ぶようになった。


候補は以下のとおり。

Olympus SZ-30MR(光学24倍ズーム)
Fujifilm Finepix FXF-600EXR(光学15倍+α&GPS観光ガイド)
Casio EXSLIME EX-ZR100(光学12.5倍ズーム+α&ハイスピードカメラ:スロー動画再生)


本体のデザインと片手でもった感触が最もよかったのが、オリンパスのSZ-30MRだ。
でも、オートモード(シャッタースピード優先、絞り優先がない)しかないことと、電池の消耗が激しいらしいことから、うーんと悩む。

富士フィルムのFinepix 600EXRも気になった。
マニュアルモードもあり、GPSが面白そうだ。でも、ケータイやスマートフォンでもそうなんだが、GPSは電池の消耗が多い。かといって、必要なときだけ電源オンして使うことにしても、結構測位に時間が掛かる。

そして、カシオのEX-ZR100。光学12.5倍、画素数も1250万画素と少なめだが、なんといっても夢のハイスピードカメラ撮影がとても惹かれる。
電池も結構もつみたい。HDRという画像加工撮影はほとんど興味がないが、結局これにした。


…買っちゃうとちょっとテンションが峠を越したみたいなのが残念。
posted by ちんちく at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | PC・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

Lotus Symphony 3、どんだけハードル高いんだ

Lotus Symphony 3 をダウンロードしてみた。

Open Office系の中では、ダウンロードするのに登録が必要だということで、ハードルの高さで有名なソフトだ。
で、ダウンロードというか、別PCでVer1.3をインストールしたこともあって挑戦してみた。

すると、その孤高のハードルの高さを経験することになった。


ホームからは決してたどり着くことができないかのごとくの遠いLotus Symphonyまでのページ。

なぜ、すでに登録してログインできたのに、新たにIBM IDの登録を要求するのだ。
しかも、ログインIDやパスワードに使用文字制限があり、英文の記述を解釈し、別リンクのページを読んで理解しなくてはならない。

その登録が終わっても、場合によってはJavaがインストールされていないなど、とにかく他人の労力を使わせたがる。

どこの役所なんだよ、と言いたくなるくらいだ。


結局、ただでは使わせたくないということか?
posted by ちんちく at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

iPhone-3GSのOSアッフデート

iPhoneのOSが、4Sの発売とほぼ同時に公開された。
さっそくアップデートしたら、なんか重い。

文字入力が快適でない。

そろそろ機種変更ということか。



Androidも気になるんだが、外れを引きそうな気がするし。



posted by ちんちく at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。