2016年07月03日

TV「ドクターXスペシャル」観ました

米倉涼子の「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」を初めてちゃんと観ました。

「私、失敗しませんので」の決めセリフのあのドラマです。
しかし米倉涼子も、「天気予報の恋人」の一言もしゃべらない登場人物から、ずっとドラマに出ているように思います。

ビートたけし扮する、翳りのある医院長もなかなかで、結構面白かったです。

TVドラマSP「ドクターX 外科医・大門未知子〜スペシャル
監督:田村直己
出演:米倉涼子、ビートたけし、遠藤憲一、内田有紀、勝村政信、
鈴木浩介、古谷一行、西田敏行、伊東四朗、岸部一徳
posted by ちんちく at 23:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

映画「陽はまた昇る」  VHS開発物語

re_sunrise.jpg

映画「陽はまた昇る」を観ました。

ビクターの家庭用ビデオデッキ、VHSの開発・普及物語です。
2002年の映画ですが、若干古い感じがして、あまり映画らしくない感じもします。

業界用カメラに近い形式のSONYのベータ方式から遅れたが、2時間録画ができること、そしてその仕様を公開し標準化を図ったことで業界標準の座を手に入れることができたという話です。
そこに松下がどちらを採用するかということが大きかったようです。

タイトルが「陽はまた昇る」ですが、液晶テレビの急速な廉価化によって大赤字を計上した日本の電機業界もそうであってほしいです。

邦画「陽はまた昇る」 2002年
監督:佐々部清
出演:西田敏行、渡辺謙、緒形直人、真野響子、篠原涼子、
石橋蓮司、江守徹、倍賞美津子、仲代達矢
posted by ちんちく at 23:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

TVSP「ゴールド・ウーマン」 小雪と鈴木保奈美

TV朝日系単発ドラマ「ゴールド・ウーマン〜大銀行の闇と戦う女たち〜 200名のリストラ社員を救え!裏金を取り返せ!悪徳上司のクビを斬る!珠玉の金融サスペンス!!」を観ました。
小雪と鈴木保奈美の初共演とのことです。

2人の女性の出世と、その裏に内部闘争、そして隠された真実が…、という内容です。
主人公で、出世はしたけれど子会社の自主退職勧告をせまるという役柄の小雪と、裏で暗躍する?鈴木保奈美という感じです。
鈴木保奈美もずいぶん久しぶりで年も取った感じですが、なかなかの悪役?ぶりでした。

ただ、面白いとまでは、推せる作品でないかな。

単発TVドラマ「ゴールド・ウーマン
監督:雨宮 望  原作小説:芦崎笙氏『スコールの夜』
出演:小雪、鈴木保奈美、駿河太郎、伊武雅刀、寺泉憲、六角精児、矢野浩二、MEGUMI、菅原大吉、吉行和子、山本學、村上弘明
posted by ちんちく at 23:56| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

映画「第9地区」 えびだけどいい

$珍竹隣  〜映画とネットとi-Phoneやandroidなどモバイル端末の日々〜-第9地区 えびと海老


「第9地区」を観た。
ゴールデンウィーク前に録画してあったやつだ。

この映画の評判は、えびとかエビとか海老とかしか聞いていなかったので、あまりできのいい映画だとは思っていなかった。

でも、この「第9地区」は漂流してきた宇宙生物と人間の微妙な関係をうまく描いている。
オーバーテクノロジーを持っているのだが、そのエネルギーか何かを失って人類に囲い込みをされて、スラム街に追いやられている微妙な世界観がいい。


随所に出てくる人の噂・客観視の演出が余計な気がして気になるところは残念だが。


洋画:「第9地区
監督:ニール・ブロンカンプ
出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド


この「第9地区」を記事にしているブログ
・シネマ親父の“日々是妄言”:「第9地区」こんな映画、見たことない!
・必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!:第9地区
・嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−:『第9地区(District 9)』を観た(@シネコン)
・万来堂日記2nd:「第9地区」をようやく観ました/ヨハネスブルグからの不敵な挑戦状
・2ちゃんねる映画ブログ:第9地区
・映画、言いたい放題!:第9地区
・イギリス生活、旅行+洋画、洋楽!:南アフリカにエイリアンが。。最高「第9地区」!
posted by ちんちく at 12:37| 愛知 ☁| Comment(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

映画「シュガーラッシュ」

sugarjpg.jpg
映画「シュガー・ラッシュ」を観ました。
映画「ズーキーパー」と同じ監督の映画公開記念放送です。

あのゲームの悪役たちが…、という触れ込みでいろいろ登場します。
ストリートファイター2のザンギエフやベガ(英名バイソン)、スーパーマリオブラザーズのクッパ、ソニック・ザ・ヘッジホッグのドクター・エッグマンなど…。

でも、それは最初の10分程度の話。

日本では、とんと馴染みのないラルフというドンキーコングのようなゲームの悪役が、バグで生まれた謎の女の子とレースに出ることになります。

まあ、ほのぼのとしていい感じの話ですが、これといった特徴もない感じです。

洋画CGアニメ「シュガー・ラッシュ
監督:リッチ・ムーア
声の出演:ジョン・C・ライリー、サラ・シルバーマン
posted by ちんちく at 23:54| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。